住宅ローンをそのまま払う個人再生が利用しにくいケースについて

個人再生の手続きは、原則住宅ローンはそのまま支払ってそれ以外の借金を5分の1等に減額してそれを3年で分割払いする手続きです。
多くのケースでそれを利用することができますが、まれに利用が困難な方がおられます。
1つは、現在の不動産の査定額よりも大幅に住宅ローンを返済しているケースです。現在の不動産の価値と住宅ローンの残高を比較して住宅ローンの残高が大幅に少なくなっている場合は、個人再生で支払う金額が増えてしまいます。そのような場合は、任意整理で分割払いするか、自宅を売却して借金を精算するかを選択しなければなりません。
それ以外に難しいケースとして、住宅ローンを組んだ時に他の借金を含めて借入してしまっているケースなどもあります。
個人再生を検討されている方はまずは専門家である当司法書士事務所にご相談ください。

個人再生など借金に関する相談は、大阪のそとやま司法書士事務所にお任せください。

過払い・借金問題の無料相談 土日も相談可(要予約)!お電話ください!
ページトップへ