トップページ  >  解決事例

解決事例

過去の解決事例を紹介します。


Aさん 70代女性

知人のご紹介でご来所。既に完済している消費者金融が5社あり、利息も高かったと思うので過払い金が発生しているのでは?とのご相談。

受任後取引履歴を請求し利息制限法に基づいて再計算した結果、全社過払い金が発生。裁判はしたくないというご本人の強い要望を考慮し示談で早急に解決。5社で合計152万円を回収し、生活が楽になると喜んで頂きました。

 


Bさん 40代男性

約7年前に消費者金融と信販会社7社完済。最近過払い金請求について耳にするようになりましたが、ずいぶん前に完済しており、契約書類も破棄しているので請求は出来ないでしょうか?とのご相談。

完済後10年間は請求することが可能だとご説明すると、安心されてご依頼いただきました。受任後過去の取引履歴を全て請求し、利息制限法に基づいて計算したところ、全社過払い金が発生。6社は示談で解決・1社訴訟を行い、最終的に7社合計で約245万円回収し、思い切って相談して良かったと言っていただきました。

 


Cさん 30代男性

消費者金融4社より借入。その内3社は約10年間借入と返済を繰り返しており、残り1社は約3年前から取引をするようになりました。借金の額は約280万円になっており、返済に困窮し当事務所にご依頼。

受任後取引履歴を請求し利息制限法に基づいて計算したところ、10年間取引のあった3社は全て借金が無くなった上に過払い金が発生しており、3社合計で93万円を回収。残り1社についても借金が約半分に減り、それを回収した過払い金の一部で完済。借金のない生活を取り戻されました。

 


Dさん 50代女性

夫に内緒で4年程前からクレジットカードで借入するようになり、借入と返済を繰り返すうち、気がつけば信販会社4社からの借入額が合計約480万円に。月の返済額も20万円を超え、返済しては借入する自転車操業状態を何とかしたいとのご相談。

ご本人の希望は、夫には内緒にしたいという事と、月の返済額を収入から十分賄える金額に抑えたいという事だったため任意整理で受任。各社の取引履歴を利息制限法で計算した結果、債務額は4社で約220万円まで減額でき、利息なし・月額36,000円・約5年の長期分割で和解成立。現在もご自分の収入から無理なく返済を続けておられます。

 


Eさん 30代女性

数年前、転職に伴い生活費が不足しクレジットカードの借入を利用。その後も生活費と返済等のため借金が増え、ご来所の時点で消費者金融と信販会社7社から合計約350万円の借入。会社員の為安定した収入はあるが、債務額が多いため返済が追いつかないとのご相談。

借金総額と家計全体の収支から任意整理は難しいと判断。受任後各社の取引履歴を請求し再計算したが、それほど借金額が減らず、やはり個人再生手続きを進めることに。申立の結果、借金総額は100万円に減額され、1ヶ月当たりの返済額は28,000円。3年間の返済で、遅れることなくきちんと完済されました。

 


Fさん 40代男性

自営業を営んでおり、事業資金や収入が少ない月の生活費・子供の学費等のために借入を重ねる。毎月の返済額が約30万円になり、事業の買掛金の支払いも滞るようになる。遂には住宅ローン以外の債務総額が約2300万円に。自宅を残して他の債務を整理したいとのご相談。

事業と家計の収支を精査したところ、金額が減れば返済を続けられると判断。それでも個人再生の返済には十分とはいえないため、ご本人・ご家族と話し合い、自営業の合間にアルバイトで収入を増やすことに。ご家族も協力を約束され、小規模個人再生を申立。その結果借金総額は300万円に減額、3年間・月額約84,000円の返済が認可され、ご家族と協力しながら返済されています。

 


Gさん 60代女性

数年前からご家族が病気で入退院を繰り返し、その治療費や生活費等のため借入。信販会社4社からの借入総額が約210万円、月の返済が約13万円になり、支払いが滞るようになる。収入も不安定なためこの先どうすればよいかわからないとのご相談。

債務総額と家計全体の収支から、返済を続けていくことは困難と判断。今後の生活を第一に考え、自己破産する事を提案。ご家族と相談してもらい、自己破産手続きを進めることに。申立の結果、借金全額の返済を免除され、精神的に楽になりました、と新たな気持ちで再スタートされました。

 


Hさん 40代男性

生活費や子供の教育費等のため銀行・消費者金融・信販会社等合計9社より借入。家族の借金の保証人にもなっており、保証債務を合わせて総額約1,900万円の負債を抱え、返済に行き詰まりご来所。

債務総額と家計の収支から任意整理・個人再生共に困難と判断。ご本人も自己破産して生活を立て直したいと希望され、自己破産の申立てを行う。その結果、借金全額の返済を免除され、ご本人も今回の事を十分反省し今後は堅実に生活します、と生活を立て直されています。

 

過払い・借金問題の無料相談 土日も相談可(要予約)!お電話ください!
ページトップへ